日々の生活から食事に気を使おう

TOP|下痢や嘔吐

下痢や嘔吐

下痢や嘔吐が続くときはナトリウム不足にも注意が必要です。

ミネラルの一種であるナトリウムは、カリウムとともに細胞膜の浸透圧を調節して、細胞内外の水分や物質の交換をコントロールしているため、人間の体には絶対に必要な大切な栄養素です。

ただ、近ごろの食生活では欠乏症の心配は少なく、むしろ過剰摂取が問題になっています。摂取量が多くても、普段は尿から排泄されるのですが、慢性的に多くナトリウムを摂りすぎていると動脈硬化や高血圧、胃潰瘍のリスクが多くなってしまいます。

日本人は通常、ナトリウムを多く摂取しがちなので、塩分を控えカリウムを意識して多く摂る必要があります。ナトリウムとカリウムのバランスがよくとれていると血合うが正常に保たれます。

カリウムは幅広い食品に含まれていますが、調理したときの損失が大きいため、調理しないで食べられる野菜や果物、ドライフルーツなどが供給源として有効です。このような日々の生活での食事が非常に大事です。

page top


Copyright ©日々の食事で病気予防 all rights reserved.